パソコン

『初心者歓迎』 タイピングを速くする方法 0→1へ

タイピングを打つ人 パソコン

この記事では       

  • タイピングが速くなりたい
  • 上手になるコツは?
  • タイピングが速いとかっこいい

と思っている人(特に初心者の方)にタイピングが速くなる方法を紹介します
僕もタイピングを練習し始めた頃は、一つの文章を打ち込むのに今の何倍も時間をかけていました
でも、これから挙げるポイントを抑えて練習すれば、上達するでしょう

タイピングを速くするポイント

ホームポジションを覚える

ホームポジションとは、キーボードを打つ時に、指を乗せる基本の位置のことです。

キーボード

では、それぞれのホームポジションを見ていきましょう。

左手                      右手
小指は、A(ち)の位置              小指は、;(れ)の位置  
薬指は、S(と)の位置              薬指は、L(り)の位置
中指は、D(し)の位置              中指は、K(の)の位置
人差し指は、F(は)の位置            人差し指は、J(ま)の位置

それぞれの指の打つ範囲は、色に対応しています。

この基本的なことを覚えるのが、速く打つスタートとなります。

手元を見ない

文字を打っている最中に、キーボードを見たりディスプレイを見たりする。
これだけで、かなりの時間のロスとなります。慣れていないと、このような事をしたくなるのは分かるのですが、それでは上達はしていきません。

最初に挙げた、ホームポジションをしっかりと覚え、ディスプレイの文字を追っていくことを徹底していきましょう。

フォーム

手は、丸み帯びたようにキーボードの上に乗せておくようにしましょう。
この状態は、無駄な力が入っておらず次のキーを打つのに最適です。

練習の継続

後は、毎日練習するのみです。初めのうちは、どうしても打つのに時間がかかってしまい
『本当に成長するのか?』 『もう辞めようかな』
そんな気持ちになってしまうかもしれません。

しかし、毎日少しずつ少しずつ練習を重ねていけば、塵が積もれば山となるという言葉があるように実力がついてることを実感できます。

具体的には毎日15分程度の練習で十分だと思います。それ以上に時間を確保できる方は、いくらやっても構いません。

おすすめのタイピングゲーム 無料

ここではタイピングの練習をするのに最適な無料のゲームを二つ紹介します。
僕もこのゲームのおかげで楽しく続けることができました。

寿司打

タイピングゲーム(寿司打)

引用元:http://typingx0.net/sushida/play.html

王道のタイピングゲーム、寿司打です
コースがお手軽(3000円)、お勧め(5000円)、高級(10000円)とコースが分かれていて、値段が高いほど難しく、文章が長くなっています。お手軽やお勧めは単語で構成されていて、初心者にはおすすめのコースとなっています。

回転寿司方式で、画面の左から一皿ずつお寿司が流れてきて、タイプするお題が現れます。そのお題をお寿司が流れ切るまでに、タイピングしていくゲームです。速さも求めつつ正確さも要求されるため、なかなか鍛えられます。

終了後には、平均キータイプ数(1秒あたりのキーを打った回数)やミスタイプ数が表示されるので参考にしましょう。

まずは、お手軽コースから始めていき、各コースで元が取れることを目標にしましょう。

e-typing

タイピングゲーム(e-typing)

引用元:https://www.e-typing.ne.jp/roma/check/

e-typingというタイピングサイトです。
画面に出ている「腕試しレベルチェック」をやってみるといいと思います。こちらは、制限時間はなく、決められたお題数をこなしていくゲームです。速くかつ正確に打っていくことが、スコアアップに欠かせません。
タイピングバラエティ一覧には様々なジャンルがあるので、そのジャンル特有のお題に挑戦して鍛えることもできます。


終了後には、あなたのタイピング正確率や苦手なキーが表示されるので、弱点補強に役立ててください。
また、先程のデータとともにランクも表示され、自分の立ち位置が分かります。ランキングを見れば、サイト利用者のスコアも見ることができ、上には上がいるのだな思い知らされます。

初心者の方の目標としては、ランクがGood!になることを目指してください

まとめ

この記事で紹介した4つのポイントを抑えながら、タイピングに取り組んでいけば全体の時間が削減でき仕事量も単純にアップします。ぜひ、お試しください。

目指せ、タイピング爆速マスター!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました